互換を重視した拡張性 

既設システムへ増設することで、最大4カメラまで拡張することが可能になります。

優れた操作性

 リモコンが付属、接続されたカメラや画面分割モードの選択が可能です。
ハザード、及びハザードバック時のモード設定も可能です。

多彩な分割パターンに対応

1つのモニターで最大4つのカメラの映像を分割画面にして、同時に確認できます。

【分割画面の例】 

カメラ1~4までのフル画面表示に加え、5種類の分割パターンに対応。様々な物流シーンで役立ちます。

 

各ソース(分割画面)にどのカメラを割り当てるかは自由に設定可能


分割画面それぞれにどの設置カメラを表示させるかは、自由にカスタマイズが可能です。
ドライバー様のご利用環境、安全確認のしやすさにより、ソース(分割画面)へのカメラの割り当てが行えます。

巻込事故撲滅!を意識した安全性

右左折完了前のウインカーリターンによって発生する「事前映像へ戻る現象」を防ぎ、切替映像を最大9秒間、延長してモニタリングできます。

使用例:トレーラ、設定7秒 左折時は左サイドカメラ表示

走行時、後方カメラ画面の時に左ウインカーを作動させ左折開始。
画面は自動的に左サイドカメラに切替わります。
左折途中にウインカーリターンした際、そのままサイドカメラ映像は保持され、
7秒後に後方カメラ映像に戻ります。